RSS | ATOM | SEARCH
Bishop Ending from Japan Club Championship 2017 その3

K, T(1921) - enju (1880)

Japan Club Championship 2017(3)

52.Bf1

 

このシリーズもこれで最後です。

一見楽勝に見える上の局面も、勝ちきるのは以外と難しいのです。

本譜では、52...Bf3 53.Bh3のあと、黒キングの侵入方法を見つけられませんでした。

 

ここでの好手は

52...Bh1!

黒が狙うべきはKe4からd3への侵入です。この際にBg2+をどうするかが課題でした。Bh1としておけば

Bg2+がないことがポイント。試合中にもそこまでは分かっていたのですが、Kg1以降がわかりませんでした。

 

53.Kg1 Bf3!

 

 

次のKe3の侵入があるため、白はKf2とせざるを得ませんが、Ke4への侵入を許します。

 

54.Kf2 Ke4

55.Bh3

 

ここまで来れば楽勝かと思いがちですが、f3のビショップが浮いているためにd3にすぐに入れません。

Bg4にはBf1としてd3を押さえられるので、やはり簡単ではありません。

 

 

続きを読む >>
author:enju, category:endgame, 18:10
comments(0), -, pookmark
Bishop Ending from Japan Club Championship 2017 その2

T,K(1921) - enju (1880) Analysis

Japan Club Championship 2017 (3)

After 51.Bf1 instead of Kf2

 

本譜では白キングがKf2としたので、比較的楽な(勝てなかったけど)ポジションになりました。

もし、キングが下がらずにBf1と待たれたらどうすればよかったのか、ゲーム中に気になっていました。

 

51...Bb7

c6ではないこのダイアゴナルならばOKです。

 

52.Be2 f4+

53.Kf2

 

 

 

このポジションまで読んで、ダメじゃんキング上がれない、、、と思って止めてしまいそうですが。

 

53...Ke4!

ビショップを切って、3ポーンアップのエンディングになります。

 

54.Bf3+ Kd3

55.Bxb7 Kxc3

56.Ke2

もしBc6に下がっていれば、ここですぐに1ポーンおちてしまいます。

 

57.Kxb4

 

 

 

 

このポジションを見てすぐに黒勝ちだと思える私ではありませんが、負けることはありませんし、ゲーム中にきちんとアイデアとして出せるようになりたいですね。

 

 

続きを読む >>
author:enju, category:endgame, 20:45
comments(0), -, pookmark
Bishop Ending from Japan Club Championship 2017 その1

K, T(1921) - enju (1880)

Japan Club Championship 2017(3)

After 46.Bh3

 

白のビショップはh1-a8ダイアゴナルにいてもポーンを守りきれないため、カウンターアタックにかけてきました。Bxd4にはBd7としてポーンを取りにきます。実際のところ、この流れは黒勝ちで、ゲーム中にもそう思っていたのですが、時間が無くて指せませんでした。このあとの手順が分かりますか?

続きを読む >>
author:enju, category:endgame, 18:24
comments(0), -, pookmark
ジャパンオープン2017

 全日本選手権を除くと、日本チェス界の3大タイトルの1つジャパンオープンが11/3−5の3連休に行われました。今年は来年のオリンピアードの代表選手の選考大会でもあり、重要な大会です。私としても3大タイトルの内唯一入賞経験がない大会で、密かに上位進出を狙っていたのですが、、、

 

1R vs T, Y (1090) 黒番

 白がe4, c4を両方突いてくる非オープンシシリアン、序盤早々相手のポーンが落ち楽勝ムードでしたが、直後に自分のポーンが落ちていたことに(検討戦まで)気が付かず、、、、相手が指して来なかったため、そのまま勝ち。

 

2R vs H, T (2080) 白番

 たびたび対戦になるHさんと。白番ではあまり当たっていないかな。BenoniのBf4, h3, e3と突く最近試しているラインで挑みました。どうも自分はBenoniの白番での指し方を全く分かっていないのではないかと最近思っているのですが、黒の狙いであるクイーンサイドを自分から開きにいった形になり、ポーンも落ちて負け。オープニングに課題ありでした。

 

3R vs N, Y (1209) 黒番

 中学生と思われるかなり若いプレーヤーとの対戦(後輩かな?)オープンシシリアンのマイナー変化に。b3と突いてクイーンサイドをフィアンケットする珍しい変化を指したり、そのフィアンケットしたビショップを自らナイトと交換してきたりと、いくつかおかしい点がありました。その後ブランダーがあり、チェックから1ポーンが落ち、その1ポーンをパスポーンにして勝ち。

 

4R vs F, M (2077) 白番

 これまた最近よく当たる気がするF君と。Slav Defence 1.d4 d5 2.c4 c6 3.Nf3 Nf6 4.e3 Bf5 5.Nc3 a6というややマイナーなラインから形勢不明ながら黒に攻めのチャンスがある局面に。攻めに耐えたかな、というところでtacticalな見落としがあり、1ポーンダウンに。cファイルをクイーンで支配して決め手を与えないように粘っていたら逆に相手にミスがあり、1ポーンを取り返し逆に白が優勢かもと思ったところでブランダーが出て、ピースを落として負け。

 

5R vs I, A (1554) 黒番

 またまた若いプレイヤーで、小学生との対戦。黒番、クローズドシシリアンの変な変化。途中オープニングを間違えた気がして、黒が悪いと思っていたのですが、イコールぐらいだったみたいです。ただ、変な手を指して来なかったので、なかなか強い少年だなと思いました。弱気に色違いビショップのエンディングに持ち込んで、相手のミスを期待しながら八十数手まで指し続けてドロー。

 

6R vs F, T (1636) 白番

 さすがに最後の白番は勝ちたいと臨んだ最終戦はFさんとの対戦。1.d4 Nf6 2.c4 e6 3. Nc3 e6から黒がフィアンケットしていないBenoni(Old indan?)のような形になりました。ここにきてようやく最近勉強しているChess strategy for club playersの成果が出て、きちんとパスポーンを作りにいく典型的な形でブレイクが出来ました。最後はexchangeを切って1ポーンを取り、直後にexchangeを取り返せる形から、あえてexchangeダウンのまま相手キングを攻め立てて、最後はメイト受けなしで勝ち。最後の試合はようやく満足な内容でチェスがさせたかなと思います。

 

そんなわけで、3.5/6とぎりぎり勝ち越し。レート格上からはポイントを取れず、下に削られてレートを落としそうです。思うような成績が残せませんでしたが、次の大きな大会まで間があるので、じっくりやっていこうと思います。

 

ちなみにAは自分でブログ更新するそうな。

 

 

author:enju, category:例会、大会, 21:34
comments(0), -, pookmark
クラブ選手権2017 二日目

さて、二日目です。

 

4R vs 東大OB Aチーム

 1,2ボードが頑張ればいい勝負になると思ったのですが、、、私の試合は白番でNimzo Indian。割と得意の形に進み、Bxg6と切るとパペが止まらない形。隣を眺めると3BでAがいい感じに進めています。1Bは形勢不明。2,3ボードで勝てば引き分け以上を確保できる、などと皮算用をしつつゲームを進めます。その直後にピースを切って3ポーンを取る変化を選択しましたが、これは良くてイコールぐらいじゃなんじゃないかと後悔。その後白の不正確な手の後に不利になり、そのまま負け。最終的にはこの試合全敗で、レート差以上の実力差を見せつけられました。

 

5R vs 東北大 Aチーム

 入賞の夢を見るためには是非とも勝たねばならないラウンド。私はこのラウンドも白番で、QGD exchange variationに進みます。QGDにありがちな、ずっと白がよいけれど決め手はどうやって見つければよいのかなというゲームが進みます。1Bを見るとセンターに孤立ポーンがあり、ルックとビショップしかない局面でこれは勝つのは難しそうだなという感想。4Bボードではナイトがフォークにされており、ピースダウンが確定している局面。これは厳しい。これは自分のゲームが重要だなと気を引き締めて、再び1Bを見ると、「あれ?白のピースがない」。いつのまにかピースアップになっていた1Bはこのあとすぐに勝ちが決まりました。その後、私のゲームも相手のピースただ落ちがあり、思いの外あっさりと勝ち。これで3Bが負けなければ勝ちだな、と結果を書きにいくと4Bに1/2-1/2の文字が、、、おお、あれ負けなかったんだ。この後3Bも勝ちが決まり、チームとして快勝(Higa氏の今大会初勝利もあり)で最終ラウンドに臨みます。「麻布OB以外、麻布OB以外」と祈りながら、、、

 

6R vs 松戸 Aチーム

 組み合わせを見て、きた−と思ったのは言うまでもない。実力を公平に考えれば、若干分が悪い当たりですが、チームとして十分勝つ可能性がある相手です。1Bは東大将棋部OB対決で、何となくドローになりそうだなと思っていたら実際にドローに落ち着きました。3BのAは得意のQGD exchange variationに進み、これは期待が出来そう。私の方は黒番で白のダブルフィアンケットを受ける形。途中黒のクイーンがa1ルックがc1と進入する形があり、これは勝てるんじゃないかと思いましたが、クイーン交換をされた後にポーンが受からない形になり、1ポーンダウンのルック+ナイトVSルック+ビショップのエンディングに。これは駄目だと思いましたが、白からあっさりとマイナーピースを交換してきたために一安心。あらゆるルックエンディングはドローであるの格言のとおり、ドローに落ち着きました。私のゲームが終わったすぐ後に4Bの負けが決まり、チームとしての勝ちがなくなりましたが、3BではAが1ポーンアップのルック+ビショップエンディングを戦っていました。黒のビショップがアクティブな位置にあるため、ピースの交換を頑張るのがプランかな?と思っていましたが、Aの選択はKh3と上がってキングのサポートの下にポーンを突くプラン。ふーむ、これも有力かなと見ていましたが、ポーンを突いた瞬間に突き超されて逆にポーンが落ちます。そのあとの対応もまずく、そこからあっさりと負け。この後、Aが荒れたのは言うまでもない。

 

 そんなわけで、久々に出場したクラブ選手権(旧チーム選手権)はチームとして3.5 ptに終わりました。

私個人の戦績は以下の通りです。

 

1R vs G, Y (1419) B 勝ち

2R vs G, N (1545) B 勝ち

3R vs K, T (1921) B ドロー

4R vs I, T (1970) W 負け

5R vs M, H (1840) W 勝ち

6R vs T, M (1909) B ドロー

 

相手のレートが一番高かった4Rで負けただけで、悪くない戦績だと思います。レートは微増。来年のチームがどうなるか分かりませんが、私がレートを2000以上に戻し、Aが1800ぐらいの実力をつければもっといい勝負が出来ると思います。

 

次回の大会参加は私がジャパンオープン、Aが東京オープンです。

それでは。

author:enju, category:例会、大会, 13:14
comments(0), -, pookmark
クラブ選手権 2017 初日

 さて、久々にチーム選手権じゃなかったクラブ選手権に参加してきました。ここ数年どこからも誘われず、私には人望がないと妻に愚痴っていたのですが、今年は8x8チェスクラブに誘っていただき、初めて夫婦でチームを組みました。

チームメンバーは

Higa氏 (2108)

enju (1880〕

azumi (1695〕

Hara氏 (1663〕

Mさん (1082)

で、そこそこ強い、運が良ければ入賞もという思惑でしたが、世の中そんなに甘くなかった。

 

1R vs 東北大Dチーム

 37チーム参戦でリスト8番目と言うことで、「うん、1Rは楽勝だよね。Hara氏が明日来られないみたいだから僕抜けるよ」とHiga氏。そんなわけで下位4人で臨んだ初戦でしたが、問題なく全勝、、ではなく3Bが負けてしまいましたが、勝ち。個人としては黒番Najdorfで、イコールの局面から突然相手のクイーンが落ちて、勝ち。

 

2R vs 東京大学Bチーム

 2RはAが抜けました。東京大学Bチームは大方の予想通りレートよりも強い印象。1BではHiga氏が熱戦を繰り広げており、予断を許さない状況。4B負け、3B勝ちで、「うん、ここは負けられないな、、、、」そして、ふと気付くと目の前には1ポーンダウンのポーンエンディングポジションが、、、、。時間がなかったので、読んでいませんでしたが、お互いにポーンを進めていくと普通に負けてたみたいです。ところが、相手が止まらないこちらのパスポーンを追いかけてくれたので、勝ちになってしまいました。結局1Bはドローでチームは何とか勝利。

 

 

3R vs 千葉Aチーム

 3Rで初めて格上の相手と当たります。Mさんが抜け番になりました。これは1,2Bが頑張らねば、と思っていたのですが、嬉しい誤算で3BでAがIさんに快勝。しかし、1Bが破れ、4Bも苦しそうな局面に見える。こりゃ勝たなきゃいけないのか、、、

私は3試合連続黒番。アラピンから見慣れないポジションになった後、1ポーンアップの同色ビショップエンディングに。これは楽勝でしょうと楽観的に指していたのですが、勝ちのプランが見つからず、、、、もう勝てないというポジションで相手からドローオファー。横を見回すと危ないと思っていた4Bがコネクテッドパスポーンvsルックの形になっており、どうやらドローになりそう。という訳でドローを受けてチームもドローになりました。

 

というわけで、初日は2.5ptとまずまずの結果で満足。上機嫌で飲みに行き、Higa氏が「今大会勝ちなしで終わるかも」と自虐し、Hara氏を「いやぁ1ラウンド負けたときはどうなることかと思いましたよ」といじり、「明日はいかに麻布OBに当たらず、せこく入賞するか」と熱く語り合ったのでした。

 

2日目に続く

author:enju, category:例会、大会, 20:41
comments(0), -, pookmark
Blunder from Japan League 2017 その2

K,A(2037)-enju(2019)

Japan League 2017(7)

After 19...Rd8

 

指した瞬間気づきました。

 

 

 

 

続きを読む >>
author:enju, category:middlegame,tactics, 21:41
comments(0), -, pookmark
Blunder from Japan League 2017 その1

enju (2019) - N, K(2150)

Japan League 2017(5)

After 9. Bf4

 

 

、、、、、

 

 

 

続きを読む >>
author:enju, category:middlegame,tactics, 21:37
comments(0), -, pookmark
Mating attack from Japan League 2017

F, T (1842)-enju(2019)

Japan League 2017(4)

After 25.Kf2

 

既に黒が勝勢ですが、ほぼメイトになるbest moveは?

 

 

 

 

 

続きを読む >>
author:enju, category:middlegame,tactics, 21:25
comments(0), -, pookmark
Tactics from Japan League 2017

After 11...f5

enju(2019) - K, N (1660)

Japan league 2017 (1)

 

白はd6のポーンをとりましたが、e4とd6が両当たりです。

どうしましょう。

 

 

続きを読む >>
author:enju, category:middlegame,tactics, 21:56
comments(0), -, pookmark