RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト
この広告は45日以上更新がないブログに表示されております。
新しい記事を書くことで広告を消すことができます。
author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
東京オープン2014
お久しぶりです。
昨日までの3連休で行われた東京オープンに参加してきました。ジャパンリーグ以来の公式戦になります。

初日は池上会館で行われ、お祭り雰囲気の楽しげな池上の町並みを抜け、いざ会場へ向かいます。会場についてみると、「あれ?羽生さんがいる」。どうやら急遽出場を決められたようです。他にも意外と強豪プレイヤーが参加しており、僕は快速システムの上位側の下側で、もう少しレートが低かったらAクラス!?というレベルの高い大会になっており、これでは優勝争いにからめそうにはないなぁ、とやや意気消沈しました。

1R vs 山田弘平君(2234)白番 ドロー
1Rはなんだか最近良くあたるなぁという感じの弘平くんでした。Grunfeldのexchange Variationで進みましたが、黒は序盤でc5のポーンを落とされ、さらにクイーンサイドを攻め立てて、なんと3ポーンアップになりましたが、時間切迫もありそこからピースを完全に縛られた形のエンディングになりドロー。幸先がよいのか悪いのか分からない出だし。

2R vs G, L (1959) 黒番 ドロー
ジャパンリーグに続いてあたってしまいました。確かオーストラリア出身の少年です。今回は白黒逆になったKing's Indianです。Na6 Variationから、白がNe1と指してきたのを見て、覚えていたNd2に対する変化をそのまま指したところ、Qd5+を食らい、ポーン構造が崩壊しました。そうです。Ne1とNd2の違いはクイーンにとってdファイルがあいているかどうかだったわけです。その後、ポーンが落ちて必死の防戦。かなり厳しかったですが、相手パスポーンにピースを切って、最後はルックvsルック+ナイトでドロー。

初日の二試合はレート的に上でしたし、まずまず。

二日目からは蒲田のPIOに会場を移します。

3R vs S, M (1417) 白番
先日行われたユニバーシアードの女子代表だったSさんとの対戦。1. d4 d5 2. c4 c6 3. Nf3 e3とするスラブから、互いに逆にキャスリングして攻めあいました。白がキングサイドを攻めていますが、自分としては確実な決め手が見つからないところで、相手のブランダーが出てポーンが落ち、直後に時間も落ちました。僕としてはまだ難しい局面だと思っていたので、彼女にとっては少し残念な対局でした。

4R vs M, T(1516) 黒番
白がフィアンケットするKing's Indianから、Bxf3からナイトがd4に入る得意の形に持ち込み、クイーンサイドのポーンを取って勝ち。

二日目を終えて、それほどよい試合はしていないが、致命的なミスも無く落ち着いてさせている。調子良さそうだな、と思っていました。そして、帰り道、ちょっとしたサプライズ情報が入ってきました。5Rの相手は羽生さんとのこと。なんと!ただ、今大会の羽生さんは1900台とのドローもあり、あまり調子が良くなさそうです。落ち着いて指せばチャンスはありそうだ、と言い聞かせて対局に臨みました。

5R vs FM 羽生さん (2433) 白番
 当然のようにslavを予想して対局に臨みましたが、黒の初手はNf6。そして二手目のc5を見て、え、ベノニ?それともベンコーなのか!?とやや動揺しましたが、心を落ち着けて指し進めます。結局ベノニでした。最近勉強しているベノニのややマイナーなライン(Nge2)を公式戦ではじめて試しました。羽生さんは少し時間を使われていましたが、定跡自体はご存知のようでした。それでも、クイーンサイドのピースを放置してh4, g5, f5と3手で指してきたのには驚きました。対局中はこれは白が良いはずだと思っていましたが、どうやらunclearなポジションだったみたいです。白もセンターから真っ向勝負で受けてたちます。

 互いのメジャーピースが白のビショップを挟んで対峙した形で黒からのBd4+, Kh1で、あれ?バックランクのせいでビショップがピンになっている?h3としてもg3としても駄目で、これはまずいのでは!?と一瞬愕然としましたが、よく見ればRf3とすればピンが外せます。明らかにこの手がポイントでした。なぜなら、次の手で黒のexchange sacrificeが飛んできたからです。

羽生さんが黒の局面を良くないと思っていることは明らかでした。問題は僕が正着を見つけられるかどうかということです。幸運なことに時間もあまりありませんでしたが、ちょっとしたタクティクスで局面を単純化することに成功しました。ルック+クイーンvsビショップ+クイーンで黒が1ポーンアップです。ここでの僕のプランは何とかして1ポーンを掠め取ってクイーンを交換すれば勝てる、でした。実際にこのプロセスに成功し、勝ち。最後まで落ち着いてさせたと思います。

 この試合が僕にとってマスター相手の記念すべき初勝利になりました。これが生涯最後にならないようにこれからも精進していきたいと思います。

と、締めの言葉を書いてしまいましたが、大会はまだ続いています。僕はここまで4ptで2位タイ。アレックスが1人4.5 ptなのでまだ優勝のチャンスがありました。

6R vs 小林厚彦君 (2187) 黒番
 どうも前のラウンドの高揚感が抜け切らないうちに対局に入ってしまいました。ただ、オープニングは黒の思い通りに進み、白のh3を突くKing's Indianに対し、やや優勢な局面のままエンドゲームに進みます。エンドゲームに入る瞬間に白からのドローオファー。当然断りますが、これがさらに心理的な悪影響を生みます。エンドゲーム突入後数手後に思い違いがあり、そこから一気に崩れてしまいました。そうは言っても2ポーンダウンながらまだ粘れる局面だったんですが、最後は盤中央でメイトを喰らい負け。どうもエンドゲームでタクティクスを見ていない傾向があります。

というわけで、最後に落ちがついてしまいましたが、東京オープンはまずまず悪くない大会だったと思います。特に試合内容は全日本、ジャパンリーグよりも良かったと思います。これで3大会連続でレートを大きく上げ、ほとんど不振に陥る前に戻しましたと思います(しかし、2000台にはまだ届かない模様)。仕事の関係上ジャパンオープンには出られませんが、年内のどこかでチェスに触れたいと思います。


author:enju, category:例会、大会, 00:15
comments(0), -, pookmark
Endgames from Japan League 2014 その7

enju (1989) - G, L (1848)
Japan League 2014 (4)
After 44... Kg6


 さて、本譜ではここでKg4としてドローになってしまいました。前回の最後に、ここでaポーンを進めるのはどうだろうかという話をしました。その変化を見ていきます。

45.a4 Kf6
46.a5 Kg8
47.Kg4



前回とaポーンの位置が違うだけですが、結末は全く違います。
ためしに前回と同じ手順で見ていきましょう。

47... Re4+
48.f4 gxf4
49.Rxc6+ Kf7
50.gxf4 Ra4
51.Ra6




 こうして見ると前回のポジションとの差が明確になります。aポーンをポーンの前方から守ることが出来るため、白ルックは攻めと守りの両方に効いています。まぁ、そもそもこのポジションでは黒のaポーンが落ちるので、Ra4自体が間違えですが。

 エンドゲームでのポーンの進め方について、自分としてもあまり分かっていないという認識だったのですが、考え方のひとつを身につけた気がします。

 これで、長々と続いたジャパンリーグ2014Endgamesシリーズも終わりです。たぶん間違いもたくさんあるとは思いますが、少しでも皆さんのお役にたてたなら、幸いです。
author:enju, category:endgame, 09:00
comments(0), -, pookmark
Endgames from Japan League 2014 その6

enju (1989) - G, L (1848)
Japan League 2014 (4)
After 41... Kg3


42.Kf3
今回は本譜であるKf3以降の変化について見ていきます。まずは引き分けになった実際の棋譜を見ることで何が駄目だったのかを考えていきます。

42... Kf6
黒のこの手もどうなのだろうとは思っていました。Rf7+以降どうするかゲーム中は分かりませんでしたが、どうやらこれも白勝ちのようでした。

43.Rc3 Re6
44.Rc5 Kg6




このポジションを見て、簡単に勝てると思ったのが油断でした。慎重に指せば勝てたはずですが、、、
45. Kg4?
急ぎすぎました。

45... Re4+
46.f4 gxf4
47.Rxc6+ Kf7
48.gxf4

ここまで読んで問題ないと指したKg4でしたが、、、

48... Ra4!

ごくごく当たり前の手ですが、すっかり見落としていました。ポーンは背後から狙うものという思い込みからの見落としです。通常ポーンを正面から狙うことはあまりよくないというイメージがありますが、この場合


  • ルックでポーンを背後から守れない

  • このためサイドから守らざるを得ない

  • ポーンが二段目にいるため、ルックは下がらされる


ために白は勝てなくなりました。こう見ていくとポーンを進めておけばRa4もないですし、勝てそうな気がしてきます。実際にそれが正着でした。次回はその正着を見ていきます。
author:enju, category:endgame, 09:00
comments(0), -, pookmark
Endgames from Japan League 2014 その5

enju (1989) - G, L (1848)
Japan League 2014 (4)
After 41... Kg3


 さて、今回もポーンの数が同じルックエンディングです。ポーンの数は同じですが、僕は白優勢と考えていました。黒のポーン、特にcポーンが弱いことと白にとってパスポーンになると考えられるf、gポーンにキングのサポートが付いているからです。

 この時点で僕が考えていたのは、
cポーンは取れるだろう
aポーンを取らせてgポーンを取れば、コネクティドパスポーンvsパスポーンの戦いになり、この場合コネクティドパスポーンが勝つと桑田君が言っていたので、勝てる、というようなことでした。実際に考えていた手は何も考えずにキングが上がっておくKf3とさっそくcポーンを狙うRc3でした。

その二つから実際に僕が選んだのは、、、

42.Kf3!
でした。なんとなく黒からのg4がいやだなくらいの感覚で指したこの手が、結果的には正着だったのですが、今回はRc3の何が駄目なのか見てみましょう。


42.Rc3? Re5!
aファイルにまわり白のaポーンを落としにいく狙いです。Rc3とまわっていなければ逆に白からRd7+でaポーンが落ちることもポイントです。

43.Rxc5 Ra5
44.Rc2

さすがにaポーンを落とされるとドローになりそうです。

45... Ra3
46.Kf1 Kf6
47.Ke1 g4




 白はもう少しうまくさせると思いますが、いずれにしろドローになるでしょう。白が勝てるプランとしては白のaポーンをサクリファイスして、黒のgポーンを取ることですが、gポーンは黒キングで簡単に守れますし、白キングは黒ルックが三段目にいる限りはgポーンにアプローチ出来ません。

次回は42.Kf3以降の変化についてみていきます。


author:enju, category:endgame, 09:00
comments(0), -, pookmark
Endgames from Japan League 2014 その4

enju (1897) - H, K(1698)
Japan League 2014(2)
After 55.f5 Kg7 56.Ra7+ Kg8


 今回でようやくこのゲームについては最後です。
上記の局面で67.Kd7に対してRd1は簡単にf6のポーンを取られて駄目でした。また、白がKd8、d7とポーンを進めてしまっても、やはり駄目でした。となると、後はポーンがd6にいる際に交換する筋がまだ残っています。実はこれが正着でした。

67.Kd7 Kf8
68.d6 Rd1!
69.Rxa2 Rxd6+




 さて、上記の局面になってみるとこれは勝てないと分かるのではないでしょうか。白が勝つためにはf6のポーンを取るしかありませんが、これは取れません。一番分かりやすい例として、白キングがe7、黒キングがg7、そしてRxf6をした局面を考えると、Ra7+等でルックが落ちてしまいます。

 ここでのポイントはRxd6と6段目でポーンを取っているので、f6のポーンが守りやすくなっているということでしょう。これでこのゲームについては終わりですが、これからしばらくジャパンリーグでのエンドゲームについて更新して行こうと思います。

Endgames from Japan League 2014 その1
Endgames from Japan League 2014 その2
Endgames from Japan League 2014 その3

author:enju, category:endgame, 09:00
comments(0), -, pookmark
Endgames from Japan League 2014 その3

enju (1897) - H, K(1698)
Japan League 2014(2)
After 55.f5 Kg7 56.Ra7+ Kg8


 さて、前回の続きです。黒は苦しいですが、黒のポーンがa2まで進んでいるのに対して、白のポーンはd5までしか進んでおらず、キングがdファイルからよけるとチェックからクイーンを作られてしまいます。手詰まりのようですが、白の次の1手で対戦相手の顔色が変わったように思いました。

57.Kd7!
エンドゲームの基本的な手ですが、この手によって白は少なくともチェックを受けずにポーンを進めることが出来ます。

57... Rd1?
これは簡単な白勝ちです。
この局面での白の勝ちのプランは、a2とd5のパスポーンを交換し、f6のポーンを取って勝つというプランです。上記の手では簡単にf6のポーンが取れてしまいます。

 黒はいずれにしろ同じ事と思ったようです。確かに、白はポーンをd7に進めることが出来ますが、黒キングがf8、f7を占めている限り、f6のポーンを取ることが出来ないので勝つことが出来ない、、、、というのがゲーム中の私の考えでしたが、間違っていました。この変化では黒は負けます。

白の勝ちのプランが見えますか?





続きを読む >>
author:enju, category:endgame, 09:00
comments(0), -, pookmark
Endgames from Japan League 2014 その2

enju (1897) - H, K(1698)
Japan League 2014(2)
After 48.Kg3 Ra1 49.Kf4 a4


前回の局面から少し進んで上図の局面、ここまで来てようやくKf2のほうがよかったのではないかということに気づきます。考えれば考えるほど勝てる気がしなかったのですが、白キングがdポーンの前に来る、黒のパスポーンがa2まで進む、ということを想定してみると、勝てないまでもある程度相手を苦しめることが出来そうだと思えてきました。

50.Kf5 a3
51.Ke6 a2
52.Kd6




さて、ここまで来ると皆さん気づくのではないでしょうか?黒の問題点は何でしょうか?


続きを読む >>
author:enju, category:endgame, 09:00
comments(0), -, pookmark
Endgames from Japan League 2014 その1

enju (1897) - H, K(1698)
Japan League 2014(2)
After 47... Kh7


上記の局面、1ポーンアップから黒にポーンを取り返され、意気消沈気味でした。ただ、ポーンはイコールですがキングの位置に差があり、まだ白優勢の局面です。ここで私が指したのは、、、

48.Kg3?
で、ゲームを難しくしてしまいました。この後の展開については次回に持ち越すとして、ここでの正着は分かりますか?




続きを読む >>
author:enju, category:endgame, 09:00
comments(0), -, pookmark
KID tactics from Japan League 2014

T, N (1459) - enju (1897) Japan League 2014 (1)
After 37. Bd1


King's Indian defenceだらけの今大会でしたが、結局KIDらしいキングサイドアタックが現れたのはこのゲームだけでした。上の局面、ひと目h3を取る手がみえますが、ナイトとビショップどちらで取るのが正解でしょうか?またその後の展開は?






続きを読む >>
author:enju, category:middlegame,tactics, 09:00
comments(0), -, pookmark
ジャパンリーグ まとめ
大会期間中はあまり余裕が無かったので、再度自分の結果をまとめておきます。以下はカッコなしがFIDEカッコ内がJCAレーティングになります。

enju 1989 (1897)

1R vs T, N 1657 (1459) 黒 勝ち
2R vs H, K 1793 (1698) 白 勝ち
3R vs Y, K 2101 (2237) 黒 負け
4R vs G, L 1848 白 引き分け
5R vs S, T 2012 (2010) 黒 勝ち
6R vs S, S 1894 (1895) 白 勝ち
7R vs N, R 2126 (2077) 黒 負け

一時期に比べるとだいぶ戦績が安定してきた気がします。Alex以外の2100以上に全く歯が立たないのは昔からですし。これで概算で40ぐらい、最近のJCAの傾向からするともう少し上がって、1950ぐらいまで上がるかもしれません。150下げたレーティングを100ぐらいは戻したことになります。FIDEはぎりぎり2000を超えるかどうかというところでしょうか。

自分の感覚的にはまだまだトップパフォーマンスではないので、早く2000台に戻し、さらに上を目指せるようにがんばります。

author:enju, category:例会、大会, 13:36
comments(0), -, pookmark