RSS | ATOM | SEARCH
EとAの夫婦喧嘩

さて、久々の自戦記はなんと夫婦対決です。

前回の投稿で書いたように、AのおかげでKIDを諦めたE。舞台は全日本、第一ラウンド。ここで負けるわけにはいかない。熱き戦いに刮目せよ!!

 

 

Azumi-Enju

Japan Chess Championship 2019 (1)

 

 

1. d4 d5 2. c4 e6 3. Nc3 Nf6 4. cxd5 exd5 5. Bg5 c6 6. e3 Be7 7. Qc2 Nbd7 8. Bd3 h6 9. Bh4 Nh5 10. Bxe7 Qxe7 11. O-O-O Nb6 12. Nge2 Bd7 13. Kb1 O-O-O 14. Nc1 Kb8 15. Nb3 Bc8

 

 

最近この変化で戦い続けている二人。白のNc5はあまり怖くなく、黒問題ないはずというのがプレパの結論でした。ちなみにこのあたりでドローオファーされたら受けようと思っていました(おい!)。

 

16. Nc5 g6

黒のプランはh5のナイトをg7経由でe6に持っていくこと。また、可能ならばBf5として白マスビショップの交換も考えていました。

 

17. N3a4

 

白が黒のクイーンサイド、黒が白のクイーンサイドを狙う戦いになるのは自明。ナイト交換を迫るこの手は黒のディフェンスの駒をひとつ消していますが、白の攻め駒を一つ減らしてしまっています。黒のキングを攻めきるには駒交換をし過ぎているというのが私の判断で、このあたりで既に黒が指しやすい気がします。

 

17... Nxa4 18. Qxa4 Ng7 19. Rc1 Ne6 20. Rhd1 Rhe8 21. Rc3 Nxc5 22. Rxc5 Qf6

 

もう一つマイナーピースを代えたところで黒が攻めに出ます。クイーン一つで相手のポーンを狙っているだけのシンプルな攻撃ですが、Bf5からのピース交換もみていて、意外に煩わしい。

 
 23. Qc2

Qxf2とBf5両方に対抗するにはこれしかありません。

 
23... Rd6

この手には2つの狙いがあります。一つはc6を守ること。白は もうひとつの狙いが見えていませんでした。

 

24. Rc1?

 

ここで白にミスが出ます。白としてはg3辺りを突いてポーンを守るか、a4、b4と攻め合いにいくかの選択でしょうが、Rc1ではぬるすぎです。Rd2と横からポーンを守れなくなったのも痛い。

24... Qh4 25. h3 Rf6

 

これで白のポーン落ちが確定します。白は黒キングを攻めにいくしかありません。

 

26. Qb3 Bd7!?

Qb3はこけおどしの手で、黒は26... Qxf2 27. Rf1 Qh4とポーンを取ることができます。

それは読んでいましたが、優勢を意識して慎重になります。c6を守ってキングをc7からキングサイドに逃がすのが読みだったのですが、、、 
27. Ba6 b6 28. a4 Qxf2 29. a5

 

 

このあたりまで読んでのBd7でした。予定ではe3のポーンを掠め取った後にキングをキングサイドに逃がすはずだったのですが、、、

 

30... Rxe3?

 

自然にみえるこの手が疑問手でした。正着は30... Qxe3でルックをぶつけられるのが気になりますが、31.R1c3 Qe1+ 32.Rc1 Re3! 33.Qa4 Qd2と白クイーンをbファイルから追い払えば問題ありません。

 
30. Qb4 Qf5+?

Kc7にRxd5があるため、このチェックを入れました。今日の俺は手が見えてる、どや顔で指した手でしたがまさかの連続疑問手でした。これで一気に白に評価が傾きます。ただし、「コンピュータの評価が」ですが。 

 

 

31. Ka1?

 

正着はKa2。これで本譜と同じ流れで白勝ちになります。いや、まぁ難しいですよね。あえて説明するならQxc1がチェックにならないということでしょうか。

 

31... Kc7 32. axb6+ axb6 33. Rb5! 

 

 

情けないことにRxd5だけみていて、こちらの可能性は全く見落としていました。黒はb6を守る自明な手段がありません。一瞬「敗北」の二文字が脳裏をかすめましたが、幸いなことに黒にはうまい反撃の手がありました。
 
33... Qf4!!

次にRa3+からのQxc1+を狙っています。Ka2であればQxc1がチェックにならないので1テンポ稼げるのがポイントなわけです。

 

34. Rc3?

これは簡単な黒勝ちです。単純にc1のルックを守る手ならばQd6としてa4-f8のダイアゴナルを塞ぎ、キングをd8, e7と逃がすのが私のプランでした。コンピュータはc5としてb6を守る手を推奨してくれます。いずれにしろ実はまだまだ難しい局面が続くはずでした。

 

34... Rxc3 35. Qxc3 Qf1+ 36. Ka2 Qc4+ 37. Qxc4 dxc4

 

 

クイーンを交換されて白は万事休すです。しかもビショップがトラップされそうです。

残りの手順はもうよいでしょう。

 

38. Re5 b5 39. Re7 Kd6 40. Re2 Be6 41. Ka3 Rf1 42. Kb4 Ra1 43. Bxb5 cxb5 44. Kxb5 Kd5 45. Rd2 Ra8 46. Kb4 Rb8+ 47. Ka4 
Rb3 48. Rf2 Kxd4 49. Rf4+ Kc5 50. Rf2 Rb8 0-1

 

さて、いかがでしたでしょうか。

JCAの公式戦での敗戦。ウィーンでのピースダウンからのミラクルな逆転勝ちのFIDE公式戦。昨年の東北選手権での敗北。

今回、NCS公式戦での初対戦でようやく妻との対戦成績をタイに戻すことができました。と、書いていて気が付いてしまいましたが、「JCAの公式戦で妻に全敗」という不名誉な肩書きを既に覆すことができないわけです。「いや、FIDE公式戦全勝だから」と切り返すことにします。

 

毎回がちんこ勝負を繰り広げる我々夫婦、

夫婦だからドローにするんじゃないんですか?とよく聞かれるんですが、むしろ聞きたい。

 

君は0.5 pt取るために結婚するんですか?(どや)

 

最後に夫婦仲がよいことを強調しつつ、久々の自戦記を終えたいと思います。

 

それでは。

 

author:enju, category:自戦記, 10:56
comments(0), -, pookmark
Say goodbye to the KID
評価:
Nikolaos Ntirlis
Quality Chess Uk Llp
¥ 2,894
(2017-12-07)
コメント:QGDを基本としたレパートリー本です。

Playing 1.d4 d5: A Classical Repertoire (Classical Repertoire Series)

 

 チェスを始めて以来、ずっとKing's Indian Defenceを指してきました。10年以上の時を共に過ごし、決して少なくない喜びを与えてくれたオープニングでした。しかし、昨年の東北選手権でAに敗れ、これでAに国内公式戦2連敗(両方ともKID)という屈辱を経て、この悪ガキにさよならをする時が来たのです。

 

 と、いうわけでブックレビューです。

 

タイトルの通り、1.d4に対してd5と受けるレパートリー本になります。1.d4 d5 2.c4 e6のQueen's gambit declinedを基本とした黒番用のレパートリー本になります。本の構成は

 

1.Bg5 QGD

2.Bf4 QGD

3.Exchange QGD

4.QGD sideline

5.Catalan

6.d pawn(Londonなど)

7.Reti, English(d4突かない場合)

 

となっており、全体的にオーソドックスなラインが勧められていると思います(Bf4のみサイドラインかな)。各章の最初にイントロダクションがあり、その後にtheoryが紹介されています。イントロダクションの項はオープニングだけではなく、関連したポジショナルな話が記載されていることも多く、興味深いです。特に印象的だったのは、「もし失敗してバッドビショップのエンディングになってもこれは知識さえあればドローだから大丈夫だよ(意訳)」という記載があり、もし読者のみなさんがその知識が検討もつかない、ということであれば購入を検討してみてもいいかもしれません。

 

Quality Chess社の本ですし、決して初心者、初級者向けの本ではありません。ただ、同社のGrandmaster Repertoireシリーズに比べるとかなり取っつきやすいと思います。中級以上のトーナメントプレイヤーにおすすめです。

author:enju, category:opening books, 13:37
comments(0), -, pookmark
World Prestigious University tournament

ゴールデンウィーク前にさらっと書く予定だった記事です。

 

World Prestigious University tournament

こちらの大会について、皆さまご存知でしょうか?

 

JCAからNCSになり、海外大会の情報が見やすくなりましたね!

https://japanchess.org/asia-jp/

https://japanchess.org/wp-content/uploads/2019/03/1_2019-world-Prestigious-university-chess-tournament.doc

 

World Prestigious University tournamentですが、大学生、大学院生、大学教員が対象の3人チーム戦です。

ホテル、旅費の補助が充実していて、気になっていました。

というのも、プレイヤー3人のうち1人は女性でなくてはならないのです。

 

1か月ほど前に女子プレイヤーが見つからなくて困っているという情報を聞き、大学生女性プレイヤーと連絡を取っていたのですが、無事にチームが確定したようですね。

女性プレイヤーは、おそらく上智大学チェスサークルの後輩に決まったと思われるので、時々一緒にトレーニングしようと思います。

場所は中国天津市南開大学、日程は11月25日-30日でまだ半年ほどあります。

 

まだ先ですが、みんなでチームジャパンを応援しましょう!

author:azumi, category:チェス談義, 18:22
comments(0), -, pookmark
Eの誕生日

Aです。

ラブラブな日々の投稿が求められているようなので…。

 

先日はEの誕生日でした。

誕生日前に希望されていた(高級?)リュックをプレゼントしたところ、ランドセルを手に入れた小学生かのような喜びよう。

 

早く博士号取得して、ポスドクになって、

毎年好きなもの買ってあげられるようになりたいな。

author:azumi, category:ラブラブな日々, 23:37
comments(0), -, pookmark
chess本の購入先

 最近はchessforwardアプリでの購入など、amazon以外での購入もしていますが、購入できる本の種類も限られるため、結局はamazonなのかなと思っていました。もちろん、他のサイトでも洋書購入可能なところはありますが、価格面でどうしても負けてしまいます。と、思っていたのですが、いつからか分からないですが、楽天の電子書籍サイトでも洋書を扱うようになり、チェスの本も普通に売っています。価格面でもamazonの電子書籍と大差ないので、検討の価値があります。私は楽天のヘビーユーザーなので、ポイントの消費先として非常に魅力的です。

 

例えば、以下のようなnew in chessの安い問題集があります。一つ100問ずつで、大会前のウォームアップ的な使い方を想定したもののようです。レート別になっていますので、自分に合ったレベルのものを探してみてください。ただし、注意点が一つ。私は電子ペーパーのkobo端末で読んでいるのですが、駒を表す絵柄のフォントが表示出来ないらしく、Nxe4と表示するべきところがxe4とだけ表示され、解答を読みながらもいろいろ混乱します。タブレットで見るときちんと表示されるので、電子ペーパー端末特有の現象と思われます。

 

 

author:enju, category:puzzle books, 09:00
comments(0), -, pookmark
ラブラブな日々 2019年春

 Eです。GW、もとい全日本選手権前の週末、皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

 今日は西ヶ原にある旧古河庭園に自転車でいってきました。元々陸奥宗光の庭園だったそうです。以前に六義園に行ったことがあったのですが、そのときに近くにあることに気が付いてそのうちいってみようと思っていたんですよね。我が家は上野の近くなので、大した距離ではないのですが、坂の登り下りが多く、Aは涙目になっていました。

 

 

庭園の中央に位置する池。心字池。有名な東大の池だけかと思ったんですが、wikipediaによれば日本各地に存在とのこと。日比谷公園にもあるって、あんなところに池なんかあったか!?

庭園内にあるお茶室。

 

 

そしてベンチに座り、当然のようにJacob Aagaardcalculationを広げるチェス夫婦。ここで2問。

 

写真を取り忘れましたが、洋館もたっており、その正面がバラ園になっています。バラが有名なようでしたが、季節が若干早く、来月に来ればよかったと思いつつ、、

古河庭園の近くにカフェを見つけ、アップルパイでエネルギー注入。ここでさらに2問。休日の最低ノルマだと思っている4問をクリアして、帰路につきました。

 

 

author:enju, category:ラブラブな日々, 18:13
comments(0), -, pookmark
Missed opportunity from Tokyo Chess Championship 2019

enju (1911) - M, T(2234)

Tokyo Chess Championship 2019 (5)

After 22... Kf7

 

exchangeを切って攻め立てた上図の局面。

もちろんa8を取れば取り返せますが、、、

 

 

 

続きを読む >>
author:enju, category:middlegame,tactics, 09:00
comments(0), -, pookmark
東北選手権 後編

さてさて、東北選手権の後半戦です!

R3 A-S position after 35...Qxe3

 

Sさんに対するプレパレーションは、白番でドローオファーをする練習だったので(オイ)

0.5ポイント私がリードしてる状態で当たったため、ドローを受けてくれるはずがなく、始まる前に絶望。

だって、同ポイントでトップボードとかならドローオファー受けてくれるかもじゃん?(オイ)

中盤から、常に難しい局面だったので、どこを紹介するか迷いましたが、この局面。考えてみて下さい。

 

本譜:35...Rdf6 36.f3 Ng3+ 37.Kf2 Ne4+ 38.Ke1!?

ここで38.Kf1なら5秒迷って38...Ng3でドローオファーしたでしょう。蹴られるでしょうけど。

こういうので、すぐメンタルやられます。冗談です。

白のキング危なそうだけど、ポーン足りないから適当な進め方すると徐々に悪くなるかなと思いました。まだイコールらしいですが、その後色々あって負け。(この色々を猛烈に反省すべし)

 

そして、雑に答え(?)を紹介しておきます。

35...Rxf2+

 

初手は試合中も見えたよ?でも脳内ではナイトが落ちたよ。ほんとは落ちないよ。むむむ。

36.Qxf2 or 36.Ke1

読みやすい方から見ていきましょう。

36.Qxf2 Nxf2 37.Kxf2 Rxd4

試合中は、N+RとQの交換だと思ってましたが実はd4のナイトもタダで取れます。

 

そんなことより、37.Ke1ってされたら、e4のナイトがピンなのが気になるよ!(泣)

検討なので良く確認してみましょう。

36.Ke1 Qa5+!

Q or P or Rを挟むしかありません。Rを挟む以外はタダで取れることになるので、Rを挟んでみましょう。

37.Rd2 Rxd2 38.Qxe4? R2xd4+

ということで、Rを挟んでも、ディスカバーチェックが強いため、黒が駒得します。

試合中は、ナイトが落ちるよ(泣)時間が落ちるよ(泣)ってなってました。

 

さて、もう自力では上位2人には入らないので、他力本願。とか言いつつ地元の少年が…強い!

 

R4 A-N position after 61...Bxb2

 

パスポーンが止まらず、エクスチェンジを切って負けない方法を考える。どうしてこうなった…。

本譜: 62.Bxb2 Rd1 63.Bd4 Kf7? 64.a5 Ra1?? 65.Bxa1 1-0

 

さて、本譜はあっけなく終わってしまったのですが、黒が正しい手を指した時、白は勝てるのでしょうか?

 

例: 64...Rd2 65.a6 Ra2 66.a7

黒は、このa7のポーンを取ることが出来ません。RとKを使って無理矢理取ると、その間に白はキングサイドで勝てる形を作れます。

色々並べて見たのですが、dポーンが既にパスポーンになっているため、

白はKとBで2つのパスポーンの昇格を目指すと、簡単ではありませんが、白は勝つことが出来るようです。

ちなみに、63...Rd2だと、白のポーンはa7まで行くことが出来ず、イコールらしいです。

黒にもっと粘られたら…。勉強になる局面でした。

少年の今後の更なる成長に期待です!

 

こうして、東北選手権は1位3.0/4, 同率2位2.5/4に何人も…。

当日の発表では、タイブレークで全日本選手権の権利を逃したことになっていましたが、他の大会の繰り下がりで上位者が権利を獲得していたようで、私にも権利が降りてきました。

 

全日本選手権参加します。よろしくお願いします。

author:azumi, category:例会、大会, 22:30
comments(0), -, pookmark
Funny final position from Tokyo Chess Championship 2019

K, M (1758) - enju (1911)

Tokyo Chess Championship 2019 (6)

 

どこにもいけないc8のビショップ、ルックを取ったまま戻ってこれないa8のナイト、初期配置のh1のルック、ポーンに当たっているビショップ。白が駒得していますが、ここは両者ともパぺにせざるを得ません。折角ですので、少し分析してみてください。

 

続きを読む >>
author:enju, category:middlegame,tactics, 09:00
comments(0), -, pookmark
The Deadly french defense

Eです。

 

既に話題に挙がっていたのか知らないのですが、昨年のチェスオリンピアードの日本チームのゲームがchess.comの記事になっています。筆者はあのsilmanです。さて、誰の試合でしょうか。当ててみてください。タイトルで分かるんじゃないでしょうか。

 

https://www.chess.com/article/view/the-deadly-french-defense

author:enju, category:チェス日記?, 21:14
comments(0), -, pookmark